投資信託

必見!分かりづらい投資信託の名前の意味とは

投資信託の名前の意味とは
  • 投資信託を購入したいけど名前の意味が分からない
  • 三井住友?ソブリン?バリュー?などの意味が知りたい

投資信託へ投資しよう!と思っても投資信託の中身が分からないと選べないですよね。

数も多いし、何より商品名を見てもすぐに中身が分からない。

せっかく投資しようと思っても二の足を踏んでしまいそうです。

この記事は、このようなことでお悩みの方に向けた内容になっています。

実は、商品名にはきちんとルールが設定されています。

一度覚えてしまえば名前で迷うことはなくなります。

この記事では、よくある投資信託の名前に使われている語句について解説します。

投資信託の名前の意味とは

投資信託の名前でよく使わられる語句一覧表
三井住友、野村、フィディリティ、ダイワ、DIAM、日興運用会社
ポンド、〇〇債債券のこと
オープン追加型(いつでも購入・換金可能)の投資信託
ジャパン日本に投資している
USアメリカに投資している
チャイナ中国に投資している
グローバル、ワールド世界各国に投資している
エマージング新興国に投資している
ソブリンソブリン債(政府機関などの信用力の高い債券)に投資している
ハイ・イールドハイ・イールド債(格付けが低めのハイリスク・ハイリターンな債券)に投資している
バランスさまざまな資産にバランスよく投資している
インデックスインデックス型(株価指数などに連動する)
アクティブアクティブ型(株価指数以上の運用成果を目指す)
グロース成長性のある対象に投資している
バリュー割安な投資対象に投資している
ファンド投資家から資金を集めて運用する金融商品の総称
REIT不動産に投資している
毎月分配型毎月配当金がある
インカム利子や配当のこと。配当利回りのよい対象に投資している
ブル指数や相場と相関した値動きで高い収益を狙う(トリプル・ブル=3倍)
ベア指数や相場と逆相関した値動きで高い収益を狙う

参考:図解 はじめての投資信託 (お金のきほん)

慣れないうちはこの対応表に照らし合わせてみると、特徴がつかみやすくなること請け合いです。

リング
リング
しばらくすると自然と覚えますよ!

最後に

投資信託の名前に利用される語句には上記のようなルールがあります。

実際に投資信託を購入する際には、目論見書をしっかりと読み込んで、これ以外にも「純資産額」「償還時期」なども確認して選択してみてください。

なお、投資は自己責任でお願いいたします。

スポンサーリンク
RELATED POST