債券・REIT・コモディティ(金など)

純金積立・プラチナ積立を停止

2cca7492cd59f0b9f3ca63663eca2046_s.jpg

当ブログにご訪問頂きありがとうございます。リング(@ring_myonlylife) です。
まず、このブログをご覧頂いている方はリングは純金積立やプラチナ積立をしていたの?という疑問を持たれるかと思います。
実はやっていました。それもインデックス投資の前からです。と言っても2015年の夏くらいですがね。


きっかけは円資産以外を持ちたいと思って投資について色々調べていたら、手頃そうだった事とちょうど金の価格やプラチナの価格が落ちている時期だったので、迷わず楽天証券で積立設定していました。
(今も修行の身ではありますが)この頃は理論よりもまずは少額試してみようという気持ちが大きかったので、特に何も考えずに購入していました。しばらくするとフォルクスワーゲンの不正問題でプラチナの価格も下落した為、こちらも積立を開始しました。
今にして思うと何も考えずによく購入してたものです(笑)
だからと言っては何ですが、同時時期の円安(1ドル120円)に外貨預金も積み立てるというアホな事とやっていたわけですが・・・。
話を戻すと、金・プラチナ投資に関する知識を深めていくに連れて資産の10%程度を目処に保有されている方が多いことを知り、その比率に私自身も納得していました。
しかし、積み立て額は金とプラチナを合わせても5%未満というのが現状です。
金やプラチナはそれを保有するだけは利益が出ませんが、有事の金と言われており何かあった時に強いという特徴を持っています。
ここで思いました。
まだ30年近くサラリーマン生活を送る私に金やプラチナを今積み立てる必要があるのか?5%程度で意味があるのか?幅広く分散するという意味では効果がありそうと思えるのですが、もっと先でもいいのではないのか?と。
私はしがないサラリーマンでお給料も高くなく投資に充てられる金額も大きくありません。これらを勘案した結果、金・プラチナの積み立て投資を停止するという結論に至りました。
その分を株式のインデックス投資に割り当て、すでに保有しているものはそのままホールドし、資産が大きくなったタイミングで再度検討したいと思います。
この判断が正解か不正解か今は分かりません。しかし、数十年後にどんな結果になったとしても納得出来る判断だったと思える行動が出来たものと考えます。
※2017年02月12日更新
純金積立・プラチナ積立を再開する事にしました。

スポンサーリンク