就職・転職活動

転職回数は少ない方が良いのはなぜか

転職回数は少ない方が良い?

ちまたで「転職回数は少ない方が良い」と言われていますが、これは本当にその通りだと思いますので改めて記事にしてみたいと思います。

転職を考えられる場合には当然「転職回数」を意識しなければなりません。

よく言われる事ですが、転職回数は少なく、1つの会社に少なくとも3年以上は在籍する事が好ましいです。

そうでないと印象が悪くなり、書類選考の段階で落とされてしまう確率が上がってしまいます。

自分が採用する側に立っているとイメージしてみると、すぐに辞めてしまいそうな方は採用したいと思いませんよね?

採用コストや教育コストなどが掛かりますし、そのコストを回収する前に辞められると会社には損しか残りません。

社会に出たばかりの若者であれば、辞めた理由が前向きなものであれば、今後の伸び代を加味されて採用されるかもしれませんが、30代を越えるとそうはいきません。

そもそも30代以降の転職はその人の持っている「スキル」「経験」を企業が欲しいと思えるかどうかに掛かっています。

まだ、転職したことがない方はこの事を考慮した上で転職活動を行ってください。

すでに短い期間で転職をされてしまっている方は、「経験」はどうしても劣ってしまいますので、「スキル」を磨きましょう。

それでは。

スポンサーリンク