仕事術・フレームワーク

起業の前に「集客方法」を考えておこう!【将来の顧客創造の重要性とは】

起業の前に「集客方法」を考えておこう!【将来の顧客創造の重要性とは】

もし脱サラして起業を考えられている方がいたら、起業後にどうやって「集客」するかをきちんと考えて頂きたいと思います。

というのも、顧客がいなければ仕事として成立しないからです。

企業はお客様が集められなければ倒産してしまいます。

そのため、会社にいるうちから将来の顧客を集めておく必要があります。

ただし、「起業した時には私の顧客になってください。」と営業しなさい、というわけではありません。

こんなことがバレたら懲戒を受ける可能性があります。

現在の仕事のステークホルダー全体と良好な関係を構築するのです。

ステークホルダーとは利害関係者を指します。お客様、同僚、上司などその仕事に関わる全体です。

ステークホルダー全体と良好な関係を構築出来ていれば、新規事業を元の会社に邪魔される事はありませんし、現在の顧客が将来の自分の顧客になる可能性もあります。

また、顧客になって頂けなくとも協力関係になって一緒に事業を興す可能性もあります。

現在の仕事を一生懸命やるのは当然ですが、それと同時に『将来の顧客を創造』しているという意識で働きましょう。

きっと今以上に頑張れると思いますよ(^^)

それでは。

スポンサーリンク
RELATED POST