レビュー

【レビュー】ドッグ・メーカー:警視庁人事一課監察係 黒滝誠治 (新潮文庫) | 深町 秋生

深町秋生作品はこれが初めての購入です。

通勤時間に読む文庫本を探しに本屋に立ち寄った際にふと目にした本書。帯のセールストークにも後押しされてジャケット買いをしてみました。

読んでみた感想は良い意味で裏切られました。

【ドッグ・メーカー】あらすじ

黒滝誠治警部補、非合法な手段を辞さず、数々の事件を解決してきた元凄腕刑事。現在は人事一課に所属している。ひと月前、赤坂署の悪徳刑事を内偵中の同僚が何者かに殺害された。黒滝は、希代の “寝業師”白幡警務部長、美しくも苛烈なキャリア相馬美貴の命を受け、捜査を開始する。その行く手は修羅道へと がっていた。猛毒を以て巨悪を倒す。最も危険な監察が警察小説の新たな扉を開く。

引用元:amazon

【ドッグ・メーカー】読んだ感想

主人公黒滝誠治警部補の役割は警察官の監察官。つまり、警察官による不祥事を監視し是正する部署にいます。この主人公の設定がぶっ飛んでます。「ドッグメーカー」と呼ばれていて、情報提供者をあれやこれやの手を使って懐柔し服従させて職務を全うします。ただ、仕事のためにというわけではなく、この作業に快感を感じてしまっているからかなり闇が深い人物です。

そんな人物がある事件で殺されてしまった仲間の解決できなかった不祥事を解決していくストーリーです。警察の悪事を隠蔽しようとする警察官、とある理由からストーリーに絡んでくる凄腕の殺し屋、そして黒滝、三つ巴の攻防はハラハラ感が凄かったです。最後のどんでん返しも見応えがあります。

私個人としては、黒滝の上司の相馬という女性キャリアが格好いいと思いました。出世のために清濁併せ吞むのではなく、悪いことは悪い、正しい事は正しいときちんと言える人物です。時にはその性格から危険な目にあってしまいますが、それでも信念を貫く姿は見事です。

そんな相馬なので、物語が進むにつれて黒滝とも信頼関係が生まれます。

物語の終わり方にしろ、相馬との関係にしろ、まだまだ伸び代があるのでシリーズ化してくれないかなぁと思っています。描写的に難しい部分が多いと思いますが、ドラマや映画化して欲しいとも思います。それくらい満足した作品でした。

深町秋生は警察作品の評判が良いみたいなので、別の作品にもチャレンジしてみたいと思います。

スポンサーリンク