仕事術・フレームワーク

間違って使っていませんか?目的と目標の違いとは。

皆さんは「目的」と「目標」の違いを知っていますか?

社会人の方でも意外と使いわけが出来ていない方が多いのではないでしょうか。

この2つの言葉は同じような意味だと勘違いされますが、明確な違いがあります。

今回はそんな「目的」と「目標」について書いていきたいと思います。

目的と目標の違いとは

まず目標には以下の7つの違いがあります。

その1:目標は目的のためにある。
その2:目標は具体的に、目的は抽象的に。
その3:目標は見えるモノ、目的は見たいモノ。
その4:目標は過程、目的は行き先。
その5:目標は複数、目的はひとつ。
その6:目標は諦めても目的は諦めない。
その7:目的は目標の先にある。

出典:ザ・チェンジ

目的は1つの抽象的な絶対に達成したい事柄であると言えます。

目標は目的を達成する為に具体的に複数設定する事柄であり、仮に目標を達成出来なくとも目的が達成出来ればというものであると言えます。

下記の図がとてもイメージしやすいです。

出典:WORLD GRACE

参考例

では、どのような使い方をするのか見ていきましょう。

例①
目的:7月までに10kg痩せる
目標:毎日ランニングを3kmする/夜は炭水化物抜きダイエットを実施する etc

例②
目的:大学に合格する
目標:睡眠時間は4時間以内にする/毎日英単語を100個暗記する etc

この様な違いがあります。

ぜひ、この違いを抑えて仕事やプライベートの目標を立て目的を達成したいですね。

スポンサーリンク
RELATED POST