名前に関する雑学

皆さんはご存知でしたか?スイーツの名前の由来一覧

皆さんはスイーツはお好きですか?お酒飲みは甘いものが苦手だとか世間では言われますが、私はお酒もスイーツも大好物です。今回はそんなスイーツの由来をまとめてみました。

リング
リング
男性の方はデート中の話題に使えるかも♪

それでは見ていきましょう。

シュークリーム

キャベツに似ていることから、フランス語でキャベツを意味する「シュー」にクリームが足されてシュークリームと命名されました。

クレープ

フランス語でちりめん模様のことをクレープと言います。クレープの生地を焼いた際にできる焦げ目がちりめん模様に似ているため、クレープと呼ばれるようになりました。

ミルフィーユ

パイが落ち葉の積み重なったものに似ていることから、フランス語で「千枚の葉(ミルフィーユ)」と名付けられました。

ババロア

18世紀にパリのカフェで「ババロア-ズ」という飲み物が流行り、そのお菓子版という事でババロアと名付けられました。(※フランス語でババロアは「バイエルンの」という意。)

ナタデココ

ナタ(浮かぶもの)+デ(~の)+ココ(ココナッツ)から名付けられました。ナタとはスペイン語で表面の膜を意味します。つまり、ナタデココとはココナッツの表面の膜という意味があります。

パンナコッタ

イタリア語で「生クリーム(パンナ)」を「加熱した(コッタ)」というところから名付けられました。

バームクーヘン

バーム(木)+クーヘン(ケーキ)。ドイツ語の造語です。何年もかけて形作られる年輪のように、年を重ねてもこの幸せがずっと続きますように、また幸せが何重にもふくらんでいきますように、との意味だそうです。

パウンドケーキ

小麦粉、バター、砂糖、卵をそれぞれ1ポンド(454g)ずつ使って作ることから「パウンド」ケーキと名付けられました。

ザッハトルテ

開発した菓子職人フランツ・ザッハの名前に由来します。

ワッフル

ドイツの一部地域で蜂蜜が詰まった蜂の巣をwafelと呼ぶことにちなみ、蜂の巣に似ているパンケーキをワッフルと名付けられました。

モンブラン

アルプス山脈のモンブランから命名されています。「モン(山)」「ブラン(白い)」の意味。

ショートケーキ

諸説あります。
①短い時間で作れるから
②日持ちがしないから
③ショートブレッドというお菓子が原型だから

エクレア

エクレール(エクレア)は日本語で雷光という意味であり、その名前の由来は「雷光のごとくあっという間に一口で食べる」というところから来ています。

ドーナツ

「生地」という意味の「Dough(ドウ)」と、「木の実」という意味の「Nut(ナッツ)」がくっついて、「Doughnut(ドウナッツ」」と名付けられました。(※もともとは実際にナッツが練りこまれていたそうです。)

ティラミス

ティラミスは、「tira:引っぱる」「mi:私を」「su上に」からきていると言われています。意訳すると気分を上げることが出来るお菓子といえます。

マシュマロ

日本ではウスベニタチアオイ (薄紅立葵)という名で知られている植物の英語名がその由来となっています。

シフォンケーキ

シフォンは英語で絹という意味であり、「絹のように滑らかな」ということがその由来となっています。

パフェ

パーフェクトなスイーツというところからパフェと名付けられました。

最後に

いかがでしたでしょうか。皆さんはいくつご存知でしたか?こういった何気ないことに目を向けると新たな発見があってとても楽しいです。

この企画はまたやっていこうと思います!新たに分かったものがあったら随時追加していきますね。

スポンサーリンク
RELATED POST