生活を豊かにする知識

夏の友!冷んやり甘くて美味しい「アイスクリームの種類」とは

夏といえばさまざまなイベントがありますが、私が真っ先に思い浮かぶのは「アイスクリーム」です。

いや、冬でも暖かい部屋で食べてるっちゃ食べてる・・・むしろ好きなんですけどね。

そんなアイスクリームは乳成分の含有量によって「アイスクリーム」「アイスミルク」「ラクトアイス」と種類が分かれているのですが、皆さんはご存知でしたか?

今回はアイスクリームの種類について書こうと思います。

アイスクリームは成分によって分類されている

出典:アイスクリーム協会

上記の表を見ると、細かな基準で分かれている事が分かります。

それぞれの分類に含まれるアイスクリームは?

具体的な商品例を挙げてみるとこんな感じになります。

アイスクリーム

ハーゲンダッツ、パルム、ピノ

アイスミルク

雪見だいふく、ジャイアントコーン、チョコモナカジャンボ

ラクトアイス

爽、スーパーカップ、パピコ、クーリッシュ

氷菓

スイカバー、ガリガリ君、ICEBOX

私がよく食べているスーパーカップはラクトアイス、つまり「アイスクリーム風」な食べ物だったという事が分かります。

逆にイベントごとの時にしか食べないバーゲンダッツはアイスクリームに分類されています。

何故アイスクリームは分類されているのか?

これは製造コストに大きく影響しています。

普通のアイスクリームを作るには、「牛乳」「卵」「生クリーム」「砂糖」が必要です。

一方でラクトアイスには「植物性油脂(牛乳)」「レシチン(卵)」「ガムシロップ(砂糖)」が使われています。

アイスクリームを作る際の原材料を安いものに置き換えることで、100円程度で美味しく食べられる製品が作られています。植物性油脂はコーヒーフレッシュとしても利用されています。実はあれもミルクではなく油だったんですね。

この違いを知った上で「アイス」の食べ比べをしてみてもいいかもしれませんね。

アイスクリーム頭痛が起きたときには

リング
リング
アイスクリーム頭痛は冷たい物を食べたときに頭がキーンッとくるアレです。対処方は下記の記事を見てみてください。

冷たいものを食べた時に頭がキーンッとする現象の名前とその対処法とは|味のある時間

スポンサーリンク
RELATED POST